用語解説
本文ここから

インターンシップ

 学生が在学中に自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うことで、学校と企業(非営利団体を含む)との連携によって行われるものをいいます。  

■山梨県では技術系人材の確保・育成のため、産学官が連携して山梨大学工学部の学生のインターンシップを推進しています。

 
 

■また、一般的なインターンシップ情報は下記を参考にしてください。

【インターンシップのメリット】

(1)企業にとっては

  • 人材育成や教育に対する要望等を学校や学生に伝えることができる。
  • 学校との連携関係を確立し、情報交流を進める機会となる。
  • 学生の就業意識や実務能力の向上、職場に対する理解を促進することにより、学生を実践的な人材として育成することにつながります。
  • 広く学生や学校等から理解され、認知される好機となる。
  • 人材確保の面で企業自身のメリットとなる。

     企業向け参考サイト

 

(2)学校にとっては

  • 学生に職業適性や職業生活設計について考える多様な機会を与え、職業選択への主体的かつ積極的取組みを促すことができる。
  • 学生が実際的な職業知識や経験を得て、専門・実務能力を向上させることにより、学校の人材育成に対する社会的評価が高まる。
  • 産業界との連携を深め、企業等の最新情報や人材ニーズを把握できる。

     教職員向け参考サイト

 

(3)学生にとっては

  • 実際の仕事や職場の状況を知り、自己の職業適性や職業生活設計など職業選択について深く考える契機となる。
  • 専門知識についての実務能力を高めるとともに、学習意欲に対する刺激を得られる。
  • 就職活動の方向性と方法についての基礎的な理解が得られる。
  • 就職後の職業生活に対する適応力を高めることができる。