用語解説
本文ここから

や行

やまなしトライアル発注商品

  本制度は新商品の市場への普及拡大および販路開拓を支援するため、山梨県内に主たる事業所を有する中小企業者が製品化した新商品のうち、県が定める基準を満たすものを「やまなしトライアル発注商品」として認定し、県の機関が試験的に発注しやすくする制度です。
 
 認定事業者が生産する新商品は、県が買い入れる際、入札などの競争の方法によらず、随意契約を行うことができます。
また、認定事業者や新商品の内容は県の機関に周知され、県のホームページなどで広く公表されます。
 
    ※詳細については、山梨県のホームページにて確認をお願いします。

        やまなしトライアル発注商品認定制度のご案内

        トライアル発注全国ネットワーク

 

やまなし産業大賞

 ◯山梨県が平成21年度より毎年実施しているもので、どこもマネのできない優れた技術やホットな製品をもっている企業や、顧客へ新しい価値や生活を創造・提案し続ける経営を行う企業などを顕彰することで、他の企業の目標とし、県内の産業を元気にしようとするものです。

 

募集部門 : 
 
【ものづくり大賞部門】
      製品・技術等であって、新規性・独創性、技術的完成度、市場性、成長性などに
  優れた画期的なもの 
 
【経営品質大賞部門】
      卓越した経営の仕組みを有し実践している企業 
 
   ※詳細については、山梨県のホームページにて確認をお願いします。
         やまなし産業大賞
        
   
   

山梨県産業振興ビジョン 

 

 産業界においては中小企業者が、これまでの事業展開を再点検した上で、
世界経済がどのように変化していくのか、また、様々な分野で、どのような
技術革新が進むのかなどを的確に把握し、地域産業の持続的な発展に向け、
新たな事業に挑戦することが大切です。 
 産業振興ビジョンは、本県中小企業者のこうした新たな取り組みを支援する
ため、今後、人口減少や高齢化が更に進行することや、リニア中央新幹線や
中部横断自動車道の全線開通など劇的なインフラ環境の変化が現実のものと
なっていることも念頭におき、本県において、今後成長が期待される分野を
明らかにするとともに、成長に向け求められる基本的な経営革新の考え方を
示すことを目的としています。
 
                 (山梨県産業振興ビジョンより一部抜粋)
 
 
【 参考リンク 】